信用情報機関の利用

信用情報機関の利用

お金を借りる際には、その情報が「信用情報機関」というところに登録されます。

 

信用情報機関には、利用者がどこからいくら借りて、いついくら返済したかなど、お金を借りることに関する情報が事細かに書かれています。

 

お金を借りたいと利用者から申し出を受けた貸金業者は、業者が加盟している信用情報機関に情報の開示請求を行ない、登録されている情報に特に問題がなければ、融資を実行するという流れになっております。

 

信用情報機関への情報開示請求は、書類審査や在籍確認と並んで、カードローンの重要な審査項目です。

 

信用情報機関には、業種別に3つの機関が存在します。

 

クレディセゾングループの「VIPローンカード」が加盟している信用情報機関は、「株式会社日本信用情報機構」(JICC)です。

 

ここは、主に消費者金融などが加盟している信用情報機関です。

 

ですので、他の消費者金融で延滞をしたり債務整理をしたりすると、VIPローンカードが情報開示請求をした時にその情報が筒抜けになってしまうので、審査を通過することはまず無理でしょう。

 

銀行から借りた後にVIPローンカードから借りれば問題ないかというと、そうでもありません。

 

確かに信用情報機関は異なりますが、情報共有がなされているからです。

 

信用情報機関の利用や登録はVIPローンカードだけでなく他のカードローンでも同様です。

 

銀行で借りる際にも信用情報機関の情報が参照されるので、メガバンクからの融資となる三井住友銀行カードローンの利用手続きにおいても信用情報機関は重要です。